1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 円地文子

エンチフミコ

円地文子

猫の草子  

発売日 1994/06/21

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03236-2

ページ数 270 頁   

定価 1,923円 (本体価格1,748円)

内容紹介

岡本かの子を主人公にした「かの子変相」。三島由紀夫の首と著者が対話を交わす「冬の旅」。アンドロギュヌス譚「双面」。他に、「二世の縁拾遺」「春の歌」「花食い姥」「鬼」「猫の草子」の全8編。

著者紹介

円地文子 (エンチフミコ)

須永朝彦 (スナガアサヒコ)

1946年、栃木県生まれ。歌人・作家。 著書に、「鉄幹と晶子 」(評伝)、「東方花傳」(歌集)、「就眠儀式」(吸血鬼譚集)等がある。

同じ著者・訳者の作品

新編・日本幻想文学集成 第9巻

地下のミイラに前世の無限連鎖を見出す「木乃伊」。応仁の乱に材をとった「雪の宿り」…

新編・日本幻想文学集成 第5巻

江戸川乱歩、稲垣足穂、佐藤春夫、宇野浩二を収録。大正幻想をバックボーンに異形の文…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。


>> もっと見る

ページトップへ