1. トップページ > 
  2. 最新ニュース一覧

最新ニュース一覧

RSS

ニュース・イベント情報一覧です。

2021/01/19

『里山風土記 山野草編』が福島民報12/26付で紹介されました。

福島民報12/26付で『里山風土記 山野草編』が紹介されました。
「著者は地元の里山をたった一人で整備する活動を続けてきた。十五年の活動記とともに、そこで
  出合った山野草をカラー写真で紹介する」
「自然と人間とのつながり、そこから生まれる豊かな感性を取り戻すための、未来への提言の書」


9784336070388.jpg
高久育男
定価 3,630円(本体価格3,300円)
伸び放題の蔓草、行く手を塞ぐ竹と笹、打ち捨てられたゴミ。時代と
ともに荒れ果てた「里山」を整備する孤軍奮闘の日々で見えてきた、
失われた日本の原風景と「山野草」の小宇宙をカラー写真とともに綴る。

2021/01/18

note更新〈【重版記念】『サンソン回想録 フランス革命を生きた死刑執行人の物語』本文試し読み〉

noteを更新いたしました。

『Fate Grand/Order』特装オビも好評の『サンソン回想録』ですが、お陰様で重版となりました。
記念に訳者による「はじめに」と本文第1章を特別試し読み公開いたします。
建設中のマドレーヌ寺院でのナポレオンとの邂逅は、処刑人サンソンが誰にとっても畏怖の
対象であることをまざまざと感じさせる名場面です。
是非、ご一読ください。

note〈【ルイ十六世の処刑人、その数奇な運命の物語】
『サンソン回想録 フランス革命を生きた死刑執行人の物語』試し読み〉


9784336066510.jpg
オノレ・ド・バルザック/安達正勝 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル=アンリ・サンソン。
サンソン家代々の資料と直接取材を基に文豪バルザックが描く、革命期を生きた
死刑執行人の物語を、待望の本邦初訳!

2021/01/15

『アラバスターの手』が怪と幽vol.6で紹介されました。

怪と幽vol.6で『アラバスターの手』が紹介されました。

評者は怪奇文学研究科の中島晶也氏。
「学識ある良識人が古物の因縁を探るうちに、この世のものならぬ何かが徐々に現れる筆法」
「主人公がオカルトに通暁している割合が多く、怪異が顕現する瞬間よりも、怪異を生むシステムの
  解明に重きを置いた作が目に付く」


9784336070340.jpg
A・N・L・マンビー/羽田詩津子 訳/紀田順一郎 解説
定価 2,970円(本体価格2,700円)
不気味な古書店主、呪われた聖書台、年代物の時禱書に隠された秘密、
魔術書の怪......ケンブリッジ大学図書館フェロー、英国書誌学会長を務めた
作家マンビーによる、全14篇の比類なき書物愛に満ちた異色の古書怪談集!

2021/01/15

『スペース・オペラ』がダ・ヴィンチ2月号で紹介されました。

ダ・ヴィンチ2月号「ダ・ヴィンチなんでもランキング クラシック音楽を楽しめるようになる本」で
『スペース・オペラ』が紹介されました。

評者は音楽アドバイザー、編集者の飯尾洋一氏。
「"宇宙活劇"を意味するタイトルを逆手に、宇宙を渡り歩く歌劇団の珍道中を描くSF小説」


9784336059222.jpg
ジャック・ヴァンス/浅倉久志・白石朗 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
ヴァンス渾身の本格的スペース・オペラ巨篇!......ではなく、宇宙を渡り歩く
歌劇(オペラ)団のお噺!宇宙歌劇団が繰り広げる唖然茫然・波瀾万丈の珍道
中を描く傑作SF長篇、そして浅倉久志がセレクトした珠玉の中短篇4作を集成!


2021/01/14

『留学生のための漢字の教科書 初級300[改訂版]』補助教材申請フォームを設置いたしました。

『留学生のための漢字の教科書 初級300[改訂版]』の補助教材として、
「ミャンマー語翻訳(漢字・語彙)」「練習問題解答用シート」を作成いたしました。

それぞれ下記申請フォームよりお申し込みください。

練習問題解答用シート

ミャンマー語翻訳

利用条件などをご確認の上ご利用ください。



9784336058737.jpgのサムネール画像
佐藤尚子・佐々木仁子
定価 1,760円(本体価格1,600円)
非漢字圏学習者に人気の漢字教材改訂版。初級レベルに必要な漢字と読み、
語彙を厳選。すべての漢字の筆順も掲載。 
※漢字・語彙のインドネシア語、ベトナム語(漢越語)翻訳が加わり、より
 使いやすくなりました(漢字・問題等の変更はなし)

2021/01/14

『ラスト・ストーリーズ』が週刊新潮12/24号で紹介されました。

週刊新潮12/24号で『ラスト・ストーリーズ』が紹介されました。

評者は脚本家の真野勝成氏。
「最後までどれも傑作である。もう新作は読めないけれど、思い出をしがむように、繰り返し読むことはできる。
「とくに何度も再読することになりそうな一篇が「世間話」だ。太った男につきまとわれる女性の話で、偶然知り
  合った男が徐々に厄介な存在になっていく。が、よくあるサスペンスではない。ストーカー行為の被害者女性の
  視点で描かれながら、加害者への態度というか配慮がとても興味深い」
「大きな話ではなく、個人的でささやかだが忘れられない事、あの人の事」

本の総合情報サイト Book Bang


9784336070326.jpg
ウィリアム・トレヴァー/栩木伸明 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
トレヴァー、最後にして最高の完成度を誇る短篇集。一人の男を愛した
幼馴染の女二人が再会する「カフェ・ダライアで」、ストーカー話が被害
者と加害者の立場から巧みに描かれる「世間話」など全10篇収録。

2021/01/14

『サンソン回想録』が各紙で紹介されました。

・日本経済新聞12/26付
 評者は評論家の野崎六助氏。
 「初訳まで200年近く。その存在は知っていた」
 「「首斬り役人」に成りきったこのバルザック・タッチ。鬼気迫る異様な傑作」
 
 日本経済新聞HP

・北國新聞12/19付、北日本新聞12/19付、秋田さきがけ12/20付、高知新聞12/20付
 評者は作家の小野正嗣氏。
 「特権的でありながら呪われた職業にまつわるさまざまな逸話を語る」
 「読んでいて飽きないのは、この回想録を描いたのが19世紀フランスの文豪バルザックだからか」
 「死刑執行人せいどについて徹底的に調査し、実在の人物、サンソンになりきって語る。(中略)
   映像が目に浮かび、場にふさわしい効果音と音楽が聞こえてきそうな描写は、俗っぽさと崇高
   さが混在し、まさにバルザック!」


9784336066510.jpg
オノレ・ド・バルザック/安達正勝 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル=アンリ・サンソン。
サンソン家代々の資料と直接取材を基に文豪バルザックが描く、革命期を生きた
死刑執行人の物語を、待望の本邦初訳!

2021/01/13

『思い出のスケッチブック』が毎日新聞1/13付で紹介されました。

毎日新聞1/13付で『思い出のスケッチブック』が紹介されました。

「両親やきょうだいと過ごした子供時代、自身の周りに起こった日常の体験や出来事、街並み
  などの情景の記憶をたどり、緻密な線画のイラストとともに少年の目でとらえらえている」
「遊び心とユーモアがあふれ、気持ちが安らぐ」

毎日新聞HP


9784336071811.jpg
E・H・シェパード/永島憲江 訳
定価 2,860円(本体価格2,600円)
ヴィクトリア朝のロンドンで少年時代を送った『クマのプーさん』の挿絵画家が、
当時の街並みやできごと、まわりの人々を、美しいイラストとともに綴った自伝
エッセイ。

 

2021/01/12

『GENKYO横尾忠則』展覧会開催〈1/15(金)~4/11(日)〉

画家、横尾忠則の創造の軌跡!
絵の好きな少年時代から新作まで、絵画を中心にグラフィック作品を加えた600点
以上の膨大な作品によって、横尾の生涯の展開をたどりながら、その芸術の全貌
を明らかにします。

〈GENKYO横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?〉
◆会場:愛知県美術館(愛知芸術文化センター 10階)
◆会期:2021年 1月 15日(金)〜 4月 11日(日)
◆開館時間:10:00〜 18:00
      ※金曜日は20:00まで(入館は閉館 30分前まで)
◆休館日:月曜日
◆観覧料:一般 1,500(1,300)円 / 高校・大学生 1,200(1,000)円 / 中学生以下無料
     ※( )内は前売料金。

*巡回予定 東京都現代美術館 2021年7月17日(土)~10月17日(日)
           大分県立美術館 2021年12月4日(土)~2022年1月23日(日)

展覧会公式HP


☆展覧会公式カタログ
9784336071002.jpg
横尾忠則 画
定価 2,420円(本体価格2,200円)
世界を魅了し続けるアート界のレジェンド、横尾忠則の創造の
軌跡を一冊に凝縮! 「作品による自伝」をテーマに、横尾芸
術の全貌を明らかにする。

2021/01/08

『蓑虫放浪』刊行記念トークイベント開催〈1/21(木)〉

『蓑虫放浪』の著者と写真家が語る、蓑虫山人の物語。
幕末から明治期を生きた放浪の絵師、蓑虫山人の話が今一番詳しく聞けるイベントです。

蓑虫山人は、なぜ奇人と呼ばれているのか。蓑虫山人はなぜ旅に生きたのか。
蓑虫山人はなぜ寄り道ばかりするのか。蓑虫山人はなぜ縄文に惹かれたのか。
そもそもなぜ僕たちはほとんど知られていない人物で、偉人でもなんでもない人物を取材し、
追いかけることにしたのか。そんなことを渋谷の奥の方でお話しします。

※本イベントはリアルとオンラインの同時開催となります。
 状況により変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。


◆日時:1月21日(木) 19:30 開演(19:00開場)
◆会場:BAG ONE
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目4-8)&オンライン配信
◆料金:会場参加券:1,500円+1ドリンクオーダー
    オンライン参加券:1,500円
    サイン本付オンライン参加券:4,730円 (送料・税込)
[予約方法]下記URLよりお申込みください。

イベント詳細ページ


【登壇者プロフィール】
望月昭秀(もちづき・あきひで)
1972年、登呂遺跡という弥生の遺跡で有名な静岡県静岡市生まれ。ニルソンデザイン事務所代表。
書籍の装丁や雑誌のデザインを主たる業務としながら、出来心で都会の縄文人のためのマガジン
『縄文ZINE』を2015年から発行し編集長をつとめる。
著書に『縄文人に相談だ』(国書刊行会/文庫版は角川文庫)、『縄文力で生き残れ』(創元社)、
『縄文ZINE(土)』(ニルソンデザイン事務所)など。現代の縄文ファン。

田附勝(たつき・まさる)
1974年、富山県生まれ。
全国を走るデコトラとトラックドライバーを撮影し、初の写真集となる『DECOTORA』(リトルモア)を
2007年に発表。2012年には『東北』(リトルモア)で第37回木村伊兵衛写真賞を受賞した。その他、
写真集に『その血はまだ赤いのか』(SLANT)、『KURAGARI』(SUPER BOOKS)、『「おわり。」』
(SUPER BOOKS)、『魚人』(T&M Projects)、『KAKERA』(T&M Projects)がある。
心を突き動かす、ともすると社会の中で見過ごされてしまうものを写真のテーマとして撮影を続けている。


9784336066817.jpg
望月昭秀/田附勝 写真
定価 2,860円(本体価格2,600円)
幕末から明治期にかけて南は九州から北は青森まで全国を放浪した
絵師、蓑虫山人。絵と書を好み、のちに縄文時代の考古遺物の発掘
まで手がけた、なにものにもとらわれない風狂の人の足跡をたどる。

ページトップへ