1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 秘められた物語/ローマ風幕間劇

ヒメラレタモノガタリローマフウマクアイゲキ

秘められた物語/ローマ風幕間劇

発売日 1987/05/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02722-1

ページ数 212 頁   

定価 2,200円 (本体価格2,000円)

内容紹介

最晩年ドリュが自らへの挽歌を秘かに綴り、死後61年に刊行され、ドリュ復権の口火を切った遺言的手記『秘められた物語』。恋の破局と友情の破綻が重なる生涯の分岐点に末期の眼をむけた『ローマ風幕間劇』。

著者紹介

ドリュ・ラ・ロシェル (ドリュラロシェル)

1893年~1945年。フランスの作家。第一次大戦の兵役から帰還後エッセイ、小説を発表し始める。ヨーロッパを堕落から再生する思想としてファシズムを評価し、対独協力者となった。パリ解放後逮捕状が出たが、潜伏していたパリで自殺する。

平岡篤頼 (ヒラオカトクヨシ)

1929年、大阪生まれ。早稲田大学文学部卒業。現在、早稲田大学教授。『早稲田文学』発行人。著書-創作『消えた煙突』『薔薇を喰う』、評論『変容と試行』『迷路の小説論』『文学の動機』、エッセイ『パリふたたび』訳書-スタンダール『アルマンス』『恋愛論』、バルザック『ゴリオ爺さん』『従妹ベット』『谷間の百合』、ロブ=グリエ『新しい小説のために』『迷路のなかで』『ニューヨーク革命計画』『快楽の漸進的横滑り』、シモン『フランドルへの道』『三枚つづきの絵』『ル・パラス』『風』『盲いたるオリオン』、サロート『マルトロー』『黄金の果実』、ほか。

高橋治男 (タカハシハルオ)

1936年、千葉生まれ。学習院大学文学部卒業。東京都立大学大学院修士課程修了。現在、中央大学教授。著書-『希望と幻滅の軌跡--反ファシズム文化運動』(共著)。訳書-ルフラン『フランス人民戦線』、ニザン『妻への手紙』(共訳)、モーロワ『現代を考える』、ブラジヤック『スペイン・1938年』(『われらの戦前』の部分訳)。

同じ著者・訳者の作品

ジル 下

デカダンスの底からも“ヨーロッパの再生”を希求し、恋から政治へ、革命から情事へと…

ジル 上

デカダンスの底からも“ヨーロッパの再生”を希求し、恋から政治へ、革命から情事へと…


ページトップへ