1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 55

エイガロンソウゴジュウゴ

映画論叢 55

発売日 2020/11/13

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07091-3

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,100円 (本体価格1,000円)

内容紹介

ブルース・リーとジャッキー・チェンの間に存在したカンフー巨星ジミー・ウォング。主役、悪役なんでもこなした聖林のプロ俳優ロイド・ノーラン。批評とは無縁の手堅い職人、英国監督ラルフ・トーマス…と今号は通好みの渋い評伝がズラリ。「デジタル時代の映画の画面サイズ」は技術マニア必読のテキスト。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

鉄拳と剣戟にかけた天皇巨星
カンフー映画の時代があった ジミー・ウォング罷り通る 二階堂卓也
FBI長官に愛された男
『Gメン対間諜』 性格俳優ロイド・ノーラン 千葉豹一郎
誕生以来の映画とビデオの関係
マニアの疑問もスッキリ デジタル時代の映画の画面サイズ 内山一樹
これぞ英国職人監督魂
ダーク・ボガードとともに ラルフ・トーマスを語ろう ダーティ工藤
西部劇への一視点 ポスト・パーク、ジャック・ケニー… 猪股徳樹
いよいよ大詰め! 「ムービーマガジン」をご存じですか? 浦崎浩實
道玄坂キネマの想い出 少年期の空想科学映画 加納一朗
同時代人の追悼 石原裕次郎はすべてが新しかった 永田哲朗
好評連載
フヰルム温故知新 ロスコー・アーバックル 布村建
独立系成人映画再考 新高恵子は歌手だった 東舎利樹
誤記あり改題あり 新東宝全映画の追跡調査 最上敏信
《映画の見かた》の見かた 同時代で見ることの重要性 重政隆文
問題提起
三島VS全共闘/水木洋子/コロナ下の映画上映

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 54

映画論叢

映画論叢 54

丹野達弥

定価1,100円(税込)

「エースのジョー」宍戸錠の素顔/忘れられた西部劇スター、オーディ・マーフィー/内…

映画論叢 53

映画論叢

映画論叢 53

丹野達弥

定価1,100円(税込)

パイパー・ローリー、E・G・ロビンソン…ハリウッド俳優たちのアート表現。ジョン・…

映画論叢 52

映画論叢

映画論叢 52

丹野達弥

定価1,100円(税込)

国際社会派プロデューサー奥田喜久丸の数奇な人生。レース狂のハリウッド俳優。江戸川…


>> もっと見る

ページトップへ