1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. ウィザード Ⅰ
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. ウィザード Ⅰ

ウィザード 

ウィザード  

発売日 2015/12/22

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05956-7

ページ数 470 頁   Cコード 0097

定価 2,640円 (本体価格2,400円)

内容紹介

ドラゴンとの激闘の末、サー・エイブルがスカイからもどってきた! 主君との誓いどおり峠の守りに立った彼の前に、三人の謎の騎士があらわれる。一方、エイブルの従者トゥッグは、セリドン王アーンソールの命により巨人族の王ギリングとの和平交渉のため、北方ヨツンランドへ向かう男爵ビエル一行に仕えて大活躍する。王に対峙する勇敢なる黒猫マーニ、暗躍するエルフ乙女のウリとバキ。やがて何者かによってギリング王の命が狙われ、風雲急を告げるウートガルド城――エイブルは天翔る馬クラウドにまたがり颯爽と城を目指す! 巨匠ウルフによる本格的ファンタジー大作〈ウィザード・ナイト〉第2部『ウィザード』開幕。

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

安野玲 (アンノレイ)

1963年東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部史学科卒。英米小説翻訳者。主な訳書にジーン・ウルフ『ナイト』『ウィザード』(国書刊行会)、スティーヴン・キング『死の舞踏』(ちくま文庫)、フィリップ・リーヴ『移動都市』『掠奪都市の黄金』『氷上都市の秘宝』『廃墟都市の復活』(創元SF文庫)、リック・ヤンシー『フィフス・ウェイブ』(集英社文庫)、アンナ・カヴァン『草地は緑に輝いて』(文遊社)の他、共訳書にロード・ダンセイニ『世界の涯の物語』『最後の夢の物語』(河出文庫)、スティーヴン・キング『夜がはじまるとき』(文春文庫)、キング&ヴィンセント編『死んだら飛べる』、テイテルバウム&ロテム編『シオンズ・フィクション』(竹書房文庫)、ジョー・ヒル『怪奇日和』『怪奇疾走』(ハーパーBOOKS)などがある。

ウィザード Ⅰ


*絶版

同じ著者・訳者の作品

土のひとがた

日々黙々と土をこねては人形作りに精を出す豚飼いマニュエル。そこへ怪しき老人が現わ…

ウィザード Ⅱ

ウィザード Ⅱ

ジーン・ウルフ
安野玲

定価2,640円(税込)

気高き騎士エイブルを待ち受ける苛酷な運命とは? 立ちはだかる数多の危機を前に、ヴ…

ナイト Ⅱ

ナイト Ⅱ

ジーン・ウルフ
安野玲

定価2,640円(税込)

少年エイブルに同行するのは巨大な犬ギュルフ、片目の船乗りプーク、しゃべる猫マーニ…


>> もっと見る

ページトップへ