1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 海外美術 > 
  4. バレエ・リュス
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 演劇 > 
  4. バレエ・リュス

バレエリュス

バレエ・リュス

その魅力のすべて  

発売日 2009/09/24

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05115-8

ページ数 432 頁   Cコード 0073

定価 3,960円 (本体価格3,600円)

内容紹介

ピカソやローランサンが美術を担当、コクトーが台本を書き、シャネルが衣装をデザイン、ストラヴィンスキーやサティが新曲を書き下ろし、ニジンスキーの跳躍が伝説となった奇跡のバレエ団の全貌。

著者紹介

芳賀直子 (ハガナオコ)

舞踊研究家。東京生まれ。明治大学大学院文学部文学科演劇学専攻博士課程前期終了(文学修士)。専門はバレエ・リュス、バレエ・スエドワ。研究者として国内外の舞台を多数観る。評論やコンクールの審査員としても活躍。各種媒体への執筆活動と共に、そのエレガントな語り口による講演の人気も高い。兵庫県立芸術文化センター所蔵「薄井憲二バレエ・コレクション」キュレーターとして展覧会企画、監修、実施も手がけている。編著書として『ICON 伝説のバレエ・ダンサー、ニジンスキー妖像』(講談社、2007年)。

目次

口絵 バレエ・リュス ダンサー・アルバム

第1章 バレエ・リュス 奇跡のバレエ団
第2章 天才を集める天才 セルジュ・ディアギレフ
第3章 スターたち・振付家たち
第4章 全作品紹介
第5章 美術家たち・音楽家たち
第6章 ディアギレフ死後 アフター・バレエ・リュス

あとがき
バレエ・リュス年譜
主要参考文献
人名・作品名索引

ページトップへ