1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 歪み真珠

ユガミシンジュ

歪み真珠

発売日 2010/02/24

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05021-2

ページ数 240 頁   Cコード 0093

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

内容紹介

バロックなイメージが渦巻く15の幻想小説。「娼婦たち、人魚でいっぱいの海」「美神の通過」「水源地まで」「影盗みの話」「夜の宮殿と輝くまひるの塔」「ドロテアの首と銀の皿」ほか。

著者紹介

山尾悠子 (ヤマオユウコ)

1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒。 著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『角砂糖の日』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』ほか。

目次

ゴルゴンゾーラ大王あるいは草の冠
美神の通過
娼婦たち、人魚でいっぱいの海
美しい背中のアタランテ
マスクとベルガマスク
聖アントワーヌの憂鬱
水源地まで
向日性について
ドロテアの首と銀の皿
影盗みの話
火の発見
アンヌンツィアツィオーネ
夜の宮殿の観光、女王との謁見つき
夜の宮殿と輝くまひるの塔
紫禁城の後宮で、ひとりの女が

同じ著者・訳者の作品

山の人魚と虚ろの王

山の人魚と虚ろの王

山尾悠子

定価2,640円(税込)

風変わりな若い妻を迎えた男。 秋の新婚の旅は〈夜の宮殿〉その他の街を経て、機械…

雨談集

澁澤龍彦生前に企画されながらも実現を見ずに終った幻の選集が、半世紀の歳月を経てつ…

新柳集

澁澤龍彦生前に企画されながらも実現を見ずに終った幻の選集が、半世紀の歳月を経てつ…


>> もっと見る

ページトップへ