1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. おどけ草紙

オドケソウシ

おどけ草紙

発売日 1987/06/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02457-2

ページ数 258 頁   

定価 2,640円 (本体価格2,400円)

内容紹介

バルザックがラブレーの精神に思いをひそめ、古文を模して綴った中世を舞台にした小噺集。神西清はこの奇書を翻訳するにあたって文禄期のキリシタン言葉を用いた。翻訳文学の金字塔。ドレの挿絵入り。

著者紹介

オノレ・ド・バルザック (オノレ・ド・バルザック)

フランス文学を代表する作家の一人。1799年生まれ。ロマン主義・写実主義の系譜に属する。現実の人間を観察することが創作の出発点だが、創造力を駆使して典型的人間像を描きあげる。歴史にも大きな関心を持ち、歴史的事実から着想を得ることも多かった。様々な作品に同じ人物を登場させる「人物再登場法」という手法を用い、膨大な作品群によって「人間(喜)劇」と名づける独自の文学世界を構築しようとした。代表作は『谷間の百合』。豪放な私生活も伝説的に語り継がれている。1850年没。

神西清 (ジンザイキヨシ)

同じ著者・訳者の作品

パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル‐アンリ・サンソン。サ…

バルザック 三つの恋の物語

フランスの文豪バルザックの「恋」をテーマにした三つの短編作品を、『物語 フランス…

セラフィタ

スウェーデンボリの神秘思想の影の下に、天使にしてエルマフロディットの謎めいた昇天…


>> もっと見る

ページトップへ