1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 児童書・絵本 > 
  4. ライロニア国物語
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 東欧・北欧文学 > 
  4. ライロニア国物語

ライロニアコクモノガタリ

ライロニア国物語

大人も子どもも楽しめる13のおとぎ話  

発売日 1995/11/27

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-03776-3

ページ数 210 頁   

定価 1,708円 (本体価格1,553円)

内容紹介

背中のこぶに身体を乗取られた男の話、地球を穴だらけにしてしまうわがまま娘の話など、不思議の国ライロニアから届けられた、奇妙きてれつ、摩訶不思議、大いに笑えてちょっぴり不気味な13の物語。

著者紹介

レシェク・コワコフスキ (レシェク・コワコフスキ)

沼野充義 (ヌマノミツヨシ)

1954年,東京生まれ。東京大学卒,ハーバード大学スラヴ語学文学科に学ぶ。ワルシャワ大学講師を経て,現在,東京大学教授。著書に『徹夜の塊 亡命文学論』(作品社),『徹夜の塊 ユートピア文学論』(作品社),『W文学の世紀へ』(五柳書院),『ユートピアへの手紙』(河出書房新社),『200X年文学の旅』(共著,作品社),編著書に『東欧怪談集』(河出文庫),『世界×現在×文学 作家ファイル』(共編,国書刊行会),『世界は文学でできている』(光文社)などがある。

芝田文乃 (シバタアヤノ)

1964年、神奈川生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。ポーランド語翻訳者、写真家、エディトリアル・デザイナー。1992年より東京、クラクフなどで写真展開催。訳書にレム『高い城・文学エッセイ』『短篇ベスト10』、コワコフスキ『ライロニア国物語』(いずれも共訳、国書刊行会)、ムロージェク『所長』『鰐の涙』(未知谷)、グラビンスキ『動きの悪魔』『狂気の巡礼』『火の書』『不気味な物語』(いずれも国書刊行会)などがある。

土橋とし子 (ツチハシトシコ)

同じ著者・訳者の作品

不気味な物語

ポーランド文学史上随一の恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ、死と官能が纏繞する…

火の書

火の書

ステファン・グラビンスキ
芝田文乃

定価2,970円(税込)

生誕130年を迎えた、ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ…

狂気の巡礼

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形…


>> もっと見る

ページトップへ