1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. マイリンク  

マイリンク  

マイリンク  

ナペルス枢機卿  

発売日 1990/06/18

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-02567-8

ページ数 105 頁   

定価 1,388円 (本体価格1,262円)

内容紹介

世界大戦の機械大量殺戮を背景に、主人と従僕が月遊病幻覚のなかで入れかわる多重人格綺譚(『月の四兄弟』)。人間の時間を吸う怪物〈時間-蛭〉、その呪縛を逃れて永世を可能にする呪文〈VIVO〉の秘密(『J・H・オーベライト、時間-蛭を訪ねる』〉。恐るべき毒草アコニトゥム・ナペルスの秘密をにぎるナペルス枢機卿とその秘密結社の呪い(『ナペルス枢機卿』)。オアカルティズムの世界を背景に、神秘と怪奇のあやなすマイリンクの短篇三篇。

著者紹介

グスタフ・マイリンク (グスタフマイリンク)

1868-1932。オーストリアの作家。神秘小説「ゴーレム」で名高い。

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

マイリンク  


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

水の迷宮

水の迷宮

種村季弘

定価4,950円(税込)

★泉鏡花賞作家の種村季弘が30有余年にわたって書いた、我が国最高の幻想文学作家・…

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

ワルプルギスの夜

マイリンクは幻想文学の巧みなテロリストである。(J・L・ボルヘス) 全15…


>> もっと見る

ページトップへ