国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

宗教信仰復興叢書 5

ゼッタイシュノカクチトセイヤク

絶対主の覚知と誓約

イスラームのこころと日本

水谷周

発売日
2021/07/07
判型
四六判
ISBN
978-4-336-07214-6
ページ数
264頁

定価 3,080円(本体価格2,800円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

日本の宗教信仰復興に、イスラームはどうかかわるのであろうか。
本書は第一部において、どのような役割が期待できるのかについて考究する。その際、日本の状況の把握の一助として、いくつかの本を選んでイスラームの立ち位置との比較に、随時使用することにしたい。広く読まれている、五木寛『大河の一滴』や石原慎太郎、曽野綾子『死という最後の未来』、あるいは現代日本の宗教人として厳しく自らを持した澤木興道の『禅に生きる』などである。期待される役割としては、諸宗教に競争原理を働かせること、人生観や思考の枠組みを補強することなどがある。それらの前向きな側面の一方では、日本でイスラームを見ていると、後ろ向きな誤解を持ってしまうという負の側面はないのかも検証したい。
第二部では、「イスラームのこころ」を解説する。その中核は、本書の題目の通り、絶対主の覚知と誓約ということに尽きる。イスラームが日本でどのような貢献をするとしても、その真価を正確に把握することが前提である。ところが日本ではイスラームに関して相当の数の出版物はあるが、大半は時事的なものであり、イスラーム信仰の内実に光を直接当てた記述は僅少である。この空白を埋める必要があるのは、論を待たない。
以上が本書の成り立ちである。『宗教信仰復興叢書』の一角を占める形で世に送ることができるのは、大変光栄である。本書が、そして本叢書全体が、日本社会に新たなページを開き、その幸福指数が向上することを強く望むものである。
またそうなることを願いつつ、執筆に当たり常に心したことは、平易に表現するということであったことは特筆しておきたい。イスラームはアラビア語が原語であるが、そこにおいて既に決して難解な言葉使いではないということがある。クルアーンには商業用語もしきりに登場する。さらには、平易な表現によってこそ、より広く人々の心を救い、宗教としての真価を発揮できるとの筆者の信念もある。本書が果たしてそのような効果を発揮しているかどうかはおぼつかないが、読者方々のご賢察を待つこととしたい。

著者紹介

水谷周 (ミズタニマコト)

京都大学文学部卒。イスラーム思想史研究にて博士号取得(ユタ大学)。アラブイスラーム学院学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問などを務める。編著書に『イスラーム信仰叢書』(全10巻・国書刊行会、2010~12年)、『イスラーム信仰概論』(明石書店、2016年)、『イスラームの善と悪』(平凡社新書、2012年)、『イスラーム信仰とその基礎概念』(晃洋書房、2015年)、『イスラームの精神生活』(日本サウディアラビア協会、2013年)、『イスラーム信仰とアッラー』(知泉書館、2010年)、『クルアーン やさしい和訳』(監訳著・訳補完:杉本恭一郎、国書刊行会、2019年)などがある。