国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

アドルフニツグ

アドルフに告ぐ

オリジナル版

手塚治虫

発売日
2020/03/11
判型
B5判
ISBN
978-4-336-06365-6
ページ数
1,234頁

定価 22,000円(本体価格20,000円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

正義とは何か? 民族とは何か? 戦争とは何か?
手塚治虫不朽の名作にして日本マンガの最高峰、オリジナル版がついに登場。
雑誌掲載版を再現し、大判と高精細印刷でおくる愛蔵版! 

〈これはアドルフと呼ばれた三人の男たちの物語である。彼ら三人はそれぞれちがった人生をたどりながら一本の運命の糸で結ばれていた――〉ドイツ外交官と日本人妻の息子アドルフ・カウフマン、神戸のユダヤ人パン屋の息子アドルフ・カミル、そしてナチ・ドイツ総統のアドルフ・ヒットラー。第二次世界大戦時の日本・ドイツを舞台に、三人のアドルフの数奇な人生をめぐる大河ドラマとして、手塚治虫が自らの戦争体験を渾身の力を込めて描いた後期の代表作『アドルフに告ぐ』、雑誌掲載オリジナル版を初めて完全復刻。連載時の扉や単行本化で削除されたページ、改変された台詞を復元し、大判サイズ(B5判)で原画を高精細印刷した函入り愛蔵版! 刊行35周年記念出版 全3巻(382/382/372頁)+別冊(98頁)

*別冊内容
「手塚治虫と戦争」中条省平
『アドルフに告ぐ』三次元化への道」倉田淳〈スタジオライフ〉
『アドルフに告ぐ』二代目担当編集者:池田幹生インタビュー
「手塚治虫が語る『アドルフに告ぐ』……… 単行本あとがき/アドルフに告ぐ――『観たり撮ったり映したり』より/『アドルフに告ぐ』回想(「手塚ファンmagazine」掲載)/著者に聞く(「中学教育」掲載)/著者インタビュー(「女性セブン」掲載)
 解題 濱田高志
『アドルフに告ぐ』ラスト/単行本版描き下ろしページ
『アドルフに告ぐ』関連資料(キャラクター・デザイン、原稿下描き他)

著者紹介

手塚治虫 (テヅカオサム)

1928年~1989年。大阪府豊中市生まれ。大阪帝国大学附属医学専門部卒。医学博士。

関連リンク

note〈『アドルフに告ぐ オリジナル版』別冊所収の解題を公開!〉