国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

ナイト

ナイト Ⅱ

ジーン・ウルフ
安野玲

発売日
2015/11/13
判型
四六変型判
ISBN
978-4-336-05955-0
ページ数
410頁

定価 2,640円(本体価格2,400円)

内容紹介

ウエスタン・トレーダー号に乗り込んで海を渡った〈サー・エイブル・オブ・ザ・ハイ・ハート〉は、七層からなる異世界での数々の戦を経て、仕えるべき公爵との誓いを果たすため北山脈の峠へと向かう。同行するのは巨大な犬ギュルフ、片目の船乗りプーク、しゃべる猫マーニ、お茶目な妖精ウリとバキ。旅先で出会うのは立派な騎士たちと可憐な姫君、そして変幻自在のドラゴンと人喰い鬼! 果たして特別な剣エテルネは手に入れられるのか? 熱血漢エイブルが真の騎士になるための試練はつづく……〈言葉の魔術師(ウィザード)〉ウルフならではの華麗なる文章と斬新な構成、魅惑に満ちた異世界描写に彩られた傑作ファンタジー大作! 

続刊『ウィザード』Ⅰ・Ⅱは11月下旬刊行予定

ダウンロード

正誤表(739KB)

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

安野玲 (アンノレイ)

1963年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にリーヴ〈移動都市〉シリーズ、ボライソー『夏の夜のわるい夢』(以上東京創元社)、共訳書にヘンダースン『ページをめくれば』、リー『悪魔の薔薇』、ダンセイニ『最後の夢の物語』(以上河出書房新社)、キング『夜がはじまるとき』(文藝春秋)などがある