国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

ナイト

ナイト Ⅰ

ジーン・ウルフ
安野玲

発売日
2015/11/13
判型
四六変型判
ISBN
978-4-336-05954-3
ページ数
370頁

定価 2,640円(本体価格2,400円)

内容紹介

ふと気づくと少年がいたのは異世界ミスガルスルだった。「あれらは裏切りと崇拝の物語とともにおまえをよこした……」不思議な謎を託された少年はエイブルと名を授けられ、妖精の女王ディシーリと出会い、魔剣エテルネを手に入れる使命が課される。中身は子供のまま体だけ大人の男となり、真の騎士となるための旅に出た少年を待ち受けるのは海賊、ドラゴン、巨人族の群れ。愛と名誉をかけた戦いの日々、そして剣と魔法にみちた冒険の日々がいま始まる……〈新しい太陽の書〉シリーズでSFファンタジーに新しい風を吹き込んだ巨匠ウルフがふたたび精魂をかたむけて送るファンタジー大作〈ウィザード・ナイト〉全4巻、刊行開始!

続刊『ウィザード』Ⅰ・Ⅱ 12月22日刊行予定

ダウンロード

正誤表(739KB)

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

安野玲 (アンノレイ)

1963年生まれ。英米文学翻訳家。訳書にリーヴ〈移動都市〉シリーズ、ボライソー『夏の夜のわるい夢』(以上東京創元社)、共訳書にヘンダースン『ページをめくれば』、リー『悪魔の薔薇』、ダンセイニ『最後の夢の物語』(以上河出書房新社)、キング『夜がはじまるとき』(文藝春秋)などがある