国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

ピース

ピース

ジーン・ウルフ
西崎憲館野浩美

発売日
2014/01/25
判型
四六変型判
ISBN
978-4-336-05788-4
ページ数
368頁

定価 2,640円(本体価格2,400円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

アメリカ中西部の町に住む老人ウィアは静かに回想する、自分の半生を、過去の不思議な出来事を、説明のつかない奇妙な事件を……時間と空間を錯綜して語られる、魅惑と謎に満ちた物語の数々。邯鄲の夢と幽霊の館、千夜一夜物語とアイルランド神話、死者を縛める書と聖ブレンダンと猫と鼠の王、腕のない女と石化する薬剤師――『ケルベロス第五の首』『デス博士の島その他の物語』の巨匠、ウルフが魔術的技巧で綴る究極の幻想文学が約40年の時を経てついに邦訳。

著者紹介

ジーン・ウルフ (ジーンウルフ)

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

西崎憲 (ニシザキケン)

1955年青森県生まれ。作家、翻訳家、アンソロジスト、音楽レーベル主宰。著書に『世界の果ての庭』(東京創元社)、『蕃東国年代記』(新潮社)『ゆみに町ガイドブック』(河出書房新社)、『飛行士と東京の雨の森』(筑摩書房)。訳書にA・バークリー『第二の銃声』(東京創元社)、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』G・K・チェスタトン『四人の申し分なき重罪人』『エドガー・アラン・ポー短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』(以上ちくま文庫)編訳書に『短篇小説日和』『怪奇小説日和』(ちくま文庫)がある。

館野浩美 (タテノヒロミ)

1972年神奈川県生まれ。翻訳者。自身のウェブサイト影青書房(http://far-blue.com/)でフィオナ・マクラウド、ケネス・モリス等のケルト幻想文学の翻訳を公開中。訳書に、サーバン『人形つくり』(国書刊行会)、共訳書としてジーン・ウルフ『ピース』(国書刊行会)がある。