国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

矢野峰人選集 1

エッセイシヤクシ

エッセイ・詩・訳詩

矢野峰人
高遠弘美 解説

発売日
2007/06/01
判型
A5変型判
ISBN
978-4-336-04928-5
ページ数
680頁

定価 16,500円(本体価格15,000円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

『黙禱』『幻塵集』『影』『挽歌』の四詩集と、ダウスンやローデンバッハの名訳を収めた『しるえっと』『黒き獵人』の二訳詩集を完全収録。他に、上田敏やイエイツらのポートレート、文芸評論、書物随筆等百篇。

著者紹介

矢野峰人 (ヤノホウジン)

1893年、岡山県生まれ。東京都立大学総長、東洋大学学長を歴任。英文学、比較文学、日本文学、詩など多岐に渡る分野で多くの著訳書がある。主な著書に『蒲原有明研究』『世紀末英文学史』、訳書に『シモンズ選集』『しるえっと』がある。

高遠弘美 (タカトオヒロミ)

1952年長野県生まれ。早稲田大学大学院フランス文学専攻博士課程修了。山梨県立女子短期大学国際教養科教授を経て、現在、明治大学商学部教授。著訳書に、『乳いろの花の庭から』(ふらんす堂)、『プルースト研究』(駿河台出版社)、ロミ『突飛なるものの歴史』『悪食大全』(作品社)『乳房の神話学』(青土社)、ロミ&ジャン・フェクサス『おなら大全』、ジャン・フェクサス『うんち大全』(作品社)。他に、泉鏡花、永井荷風、ボルヘス、種村季弘、石川淳などに関するエッセイ、仏語教科書等がある。