モンショウトジカン

紋章と時間

諏訪哲史文学芸術論集  

諏訪哲史 著

発売日 2018/03/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06249-9

ページ数 496 頁   Cコード 0095

定価 3,960円 (本体価格3,600円)

【内容紹介】

「時代錯誤な芸術至上主義者」を自任する著者が《マイナー文学》を論じ、[聖]澁澤龍彦、[怪人の師]種村季弘を始め、ランボー、村上春樹、夢野久作、中原中也、あがた森魚、四谷シモン、中島らも他を語る。大好評だった前著『偏愛蔵書室』に続く渾身の評論集。本書だけに書き下ろした重要稿《言語芸術論》80枚に、多和田葉子・谷川渥との対談も収録。

【著者紹介】

諏訪哲史 (スワテツシ)

1969年名古屋市生まれ。
國學院大学文学部哲学科卒業。恩師は独文学者の故種村季弘。
2007年小説「アサッテの人」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。
著書に『アサッテの人』『りすん』『ロンバルディア遠景』
(すべて講談社刊)、『領土』(新潮社)ほか。