ウッドハウス・コレクション 14

ジーヴストネコサライ

ジーヴスとねこさらい

P・G・ウッドハウス 著
森村たまき 訳

発売日 2012/01/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05455-5

ページ数 269 頁   Cコード 0097

定価 2,200円 (本体価格2,000円)

シリーズ: ウッドハウス・コレクション
《モンティ・パイソン》や《ミスター・ビーン》の源泉ともいわれる抱腹絶倒のウッドハウス(1881~1975)の小説の中でも、最高に面白い〈ジーヴス物〉を集めた待望のコレクション。ぐうたらなダメ男の若旦那バーティーと、天才執事ジーヴス。世界的に有名なこの名コンビと、オマヌケなビンゴ、お節介屋のアガサ伯母さん、イモリ研究家のフィンク=ノトル等々の奇人怪人変人たちがくり広げる、笑いの渦巻く人間喜劇。

【内容紹介】

ウッドハウス最後の長篇小説、本邦初訳。天才執事ジーヴス最後の事件。《ジーヴス・シリーズ》全14冊、ついに完訳なる。

※本書は天アンカット仕様となっています。
 本の上部を断裁せずに不揃いのまま残す、古い洋書などに使われている製本手法です。
 原著に近い雰囲気をお楽しみください。

【著者紹介】

P・G・ウッドハウス (ペルハムグレンヴィルウッドハウス)

1881年~1975年。イギリスの国民的作家。数多くの長篇・短篇ユーモア小説を著して、幅広い読者に愛読されている。

森村たまき (モリムラタマキ)

P・G・ウッドハウス作品の翻訳で知られ、主な訳書に〈ウッドハウス・コレクション〉シリーズ、〈ウッドハウス・スペシャル〉シリーズがある。