異貌の19世紀

フタツノシトウ

二つの死闘

R.D.オールティック 著
井出弘之 訳

発売日 1993/06/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03491-5

ページ数 280 頁   

定価 2,776円 (本体価格2,524円)

シリーズ: 異貌の19世紀
19世紀、人々の倦怠の地獄を救うために博物学やオカルト趣味は生じた。酸鼻な犯罪の流行が人々を文学への嗜欲に駆り立てた。犯罪と性、博物学と疑似科学、怪物狂いと商業革命……。看過されてきた意表衝く切り口の輻奏によって、われわれの〈今〉をつくった一文化の美と知の逆説の異貌が、ここに明らかにされる。19世紀ヨーロッパの文化・社会をめぐる最新の研究を収録、〈加速された19世紀〉としての今世紀末を照射する。

【内容紹介】

退役少佐と金貸しの血みどろの死闘、遺産目当てに我が子を殺そうとしたフランス貴族。1861年、ロンドン中を異様な興奮にまきこんだ二つの怪事件を再現、近代ジャーナリズム成立の瞬間を鮮やかに描き出す。

【著者紹介】

R.D.オールティック (リチャードダニエルオールティック)

1915年~2008年。アメリカの英文学者。オハイオ州立大学名誉教授。邦訳に『ロンドンの見世物』、『ヴィクトリア朝の緋色の研究』、『二つの死闘』(以上国書刊行会)、『ヴィクトリア朝の人と思想』(音羽書房鶴見書店)がある。

井出弘之 (イデヒロユキ)

1936年生まれ。東京大学大学院博士課程中途退学。東京都立大学名誉教授。訳書に『ハーディ短篇集』(編訳、岩波書店)、『ダーバヴィル家のテス』(世界文学全集・集英社、後ちくま文庫『テス』)などがある。