ドイツ・ロマン派全集 3

ホフマン

ホフマン

ホフマン 著
前川道介/鈴木潔 訳

発売日 1997/02/12

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02681-1

ページ数 356 頁   

定価 4,950円 (本体価格4,500円)

シリーズ: ドイツ・ロマン派全集
無限を指向し高みへ至らんとした言葉は、ゲルマンの森のメルヒェンに結晶した―18世紀末から19世紀初頭のドイツで「宇宙をへめぐる旅を夢み」、美と幻想の王国を構築した一群の人々―ドイツ・ロマン派。その文学・芸術・思想の精華を、全22冊に集大成した本邦初の本格的《ドイツ・ロマン派》全集。

【内容紹介】

17世紀ローマの謝肉祭を背景にした仮面喜劇「ブランビラ姫」はボードレールをして「高等美学の教理要綱」と言わしめた。他に「クルミ割り人形とネズミの王様」「王様の花嫁」「騎士グルック」を収録。

【著者紹介】

ホフマン (ホフマン)

前川道介 (マエカワミチスケ)

1923年~2010年。京都大学大学院中退。同志社大学名誉教授。著書に、「ドイツ怪奇文学入門」(綜芸社)、「ドイツ怪奇物語」(潮文社)、訳書に「ドイツ・ロマン派全集」全22巻、「現代ドイツ幻想短篇集」(ともに国書刊行会、編集・共訳)、エーヴェルス「プラークの大学生」、ハルボウ「メトロポリス」(ともに東京創元社)などがある。

鈴木潔 (スズキキヨシ)