文学の冒険

メクルメクセカイ

めくるめく世界

レイナルド・アレナス 著
鼓直/杉山晃 訳

発売日 2012/07/30

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02466-4

ページ数 330 頁   Cコード C0397

定価 2,530円 (本体価格2,300円)

シリーズ: 文学の冒険
小説世界の境界線を拡げ、読者を挑発する現代文学シリーズ。過激な文学的実験、物語と「語り」の復権、新しい時代の新しい文学を求めて、ラテン・アメリカ文学、アメリカのニューライターズから東欧の知られざる名作まで、いまもっとも注目を集める世界の文学を幅広く紹介する。未知の地平線へ向けて、言葉の世界を探検しよう。

【内容紹介】

実在した異端の怪僧セルバンド・デ・ミエル師の波乱に満ちた生涯を元に、全篇を通じて現実と幻想が混淆した途方もない挿話が繰り広げられる奇想天外な歴史小説。キューバの亡命作家アレナスの“幻の書”。

【著者紹介】

レイナルド・アレナス (レイナルドアレナス)

1943年キューバの寒村に生まれる。65年『夜明け前のセレスティーノ』が作家芸術家協会のコンクールで次席となりデビュー。第2作『めくるめく世界』(66)以降、国内での出版は認められなくなるが、68年には同書が仏メディシス賞を受賞し、海外での評価が急速に高まる。国内での性的・政治的抑圧を逃れ、80年難民の一人としてアメリカに亡命する。ほかに代表作としては、『真っ白いスカンクどもの館』(72)『ふたたび、海』(82)と続く自伝的5部作や、『ドアマン』(89)『ハバナへの旅』(90)自伝『夜になるまえに』(92)など。90年ニューヨークにて自死。

鼓直 (ツヅミタダシ)

1930年生まれ。東京外事専門学校(現東京外国語大学)終了。法政大学名誉教授。訳書にガルシア=マルケス『百年の孤独』(新潮社)、ボルヘス『フロディーの報告書』(白水社)、ボルヘス『伝奇集』(岩波書店)などがある。

杉山晃 (スギヤマアキラ)

一九五〇年、ペルー生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。現在、清泉女子大学教授。訳書に、バルガス=リョサ『都会と犬ども』(新潮社)、アルゲダス『深い川』、レイ=ローサ『その時は殺され……』(ともに現代企画室)などがある。